雪が煌めくブラウンベージュのシックなクリスマスカード

雪が煌めくブラウンベージュのシックなクリスマスカード
雪が煌めくブラウンベージュのシックなクリスマスカード

雪が煌めくブラウンベージュのシックなクリスマスカード(二つ折りタイプ)
雪が煌めくブラウンベージュのシックなクリスマスカード(二つ折りタイプ)

上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りと掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

クリスマスカードタイプ
宛名印刷-国内向け発送(ポストカードタイプのみ)
宛名印刷を希望
納期
印刷部数 (必須)
用紙の手触り (必須)

※インクジェットプリンタで何かを印刷する場合、ご注意ください
※インクジェット△はプリンターによりインクがにじむ場合があります
※レーザープリンタでの印刷は問題ありません
用紙の厚み (必須)

一般的には通常の厚みで問題ありませんが、しっかりした印象を与えたい場合は、厚みのアップをお勧めしています
担当者お名前 (必須)
会社名
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
郵便番号
※半角入力で住所を自動入力
都道府県
市町村
番地・建物名など
お問合せがあればご記入ください

テンプレートno.0171
雪が煌めくブラウンベージュのシックなクリスマスカードを制作しました。
ベージュの中でも濃い目の色合いを調和させた、上品さを兼ね備えるデザインテンプレートです。

背景には、スノーフレークをモチーフとした柄を散りばめて、冬の挨拶にふさわしいロマンチックな雰囲気に仕上げました。
星のようなキラキラとした煌めきが魅力的です。

クリスマスカード以外にも、クリスマスディナーやクリスマスパーティー、クリスマスコンサートの招待状(インビテーションカード)としてもご利用いただけます。

ビジネス用クリスマスカードの注意点

欧米では、プライベートだけでなくビジネスシーンでもポピュラーなクリスマスカード。
しかし、日本ではあまり馴染みがなく、クリスマスカードといえば「親しい知人や友人に送るもの」「プレゼントに添えるカード」といったイメージが強かったように思います。

ところが近年、日本でも外資系の企業様を中心として、ビジネスシーンでもクリスマスカードの需要が高まっています。

そうは言っても、クリスマスカードについてあまりご存知でない方にとっては、「クリスマスカードの書き方は?」「クリスマスカードっていつ出すの?」「クリスマスカードはいつまでに届けばいいの?」「クリスマスカードにマナーはあるの?」と、色々疑問点が多いかもしれませんね。

そこで、今回はビジネス用クリスマスカードを制作する際に一番注意が必要な点を挙げてみたいと思います。

それは、ズバリ『Merry Christmasという言葉は要注意!』だということです。

「え?クリスマスカードなのに、Merry Cristmasは要注意ってどういうこと?」と驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。

なぜ『Merry Christmas』という言葉が要注意なのかと申しますと、クリスマスというのは本来キリスト教のお祝いだからです。

日本は無宗教や他宗教の方が多いため、宗教に関してあまりこだわりがないといった風潮がございます。
しかし、海外では欧米はキリスト教、インドではイスラム教、といった風に信仰している宗教が異なります。
そのため、イスラム教の方にキリスト教のお祝いである『Merry Christmas』という言葉は非常に失礼にあたるのです。

「じゃあ何て書けばいいの?」と思われますよね。

ビジネスでクリスマスカードを送る際は、『Happy Holidays』『Season’s Greetings』という言葉をご使用ください。
宗教には関係のない言葉ですので、どなたにでも差し支えございません。

ちなみに、カードの絵柄にも注意が必要です。
クリスマスはキリスト教のお祝い事ですので、十字架・クリスマスツリー・サンタクロースといったクリスマスに関連するイラストは避けましょう。

雪の結晶や雪景色など、冬のイメージがデザインされたカードを選ばれることをおすすめいたします。